一般公開

全大教メールマガジンNO.414

全大教メールマガジン20200722 (要ログイン)

【組合員のみなさんへのニュース】

  ・【ご協力下さい】新型コロナウイルス対応下での労働実態・教育研究状況アンケート

  ・8月30日 高専協議会Web単組交流集会

 【執行部用ニュース】

  ・全大教第53回定期大会の日程&オンラインで開催

  ・第7回中央執行委員会決定

【単組ニュース】 

 

 

教職員共済大学事業所メルマガNO.126

共済大学事業所メルマガNO.126 (要ログイン)

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

教職員共済大学事業所メルマガ ~No.0126~

発行元:教職員共済生活協同組合 大学事業所   2020.7.20

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

 教職員の皆さま

 令和2年7月豪雨により被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 

 教職員共済の各共済をご契約の方で、このたびの大雨により「お体のけが」「建物への被害」等を受けられた方は、下記までご連絡ください。

  災害時専用フリーダイヤル 0120-366355

  (受付時間:平日 9:00~17:00)

教職員共済大学事業所メールマガジン~号外~

教職員共済大学事業所メルマガ~号外~ (要ログイン)

九州大学にご勤務の皆様、こんにちは

 新型コロナウイルス感染症の拡大やこの度の大雨により、生活に影響を受けておられる皆様に心よりお見舞い申し上げます。

  さて、今回レスキュースリー(交通災害共済)をご紹介いたします。

自転車保険の加入を義務付ける自治体が全国に広がっており、福岡県でも今年10月より自転車保険の加入が義務化となります。

全大教メールマガジンNo.413

全大教メールマガジン20200708 (要ログイン)

■■ 目次 ■■
【組合員のみなさんへのニュース】
・【ご協力下さい】新型コロナウイルス対応下での労働実態・教育研究状況アンケート
・7月18日 全大教Web単組交流集会
▲参加申込みをしていない単組は7月14日迄にご連絡下さい

【単組ニュース】

★教職員共済大学事業所からのお知らせ「7/4からの大雨により被害を受けられた皆様へ」

7月4日からの大雨により被害を受けられた皆さまへ

このたびの大雨により被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
教職員共済の各共済をご契約の方で、このたびの大雨により「お体のけが」「建物への被害」を受けられた方は、下記までご連絡ください。
災害時専用フリーダイヤル 0120-366-355 受付時間:平日午前9時~午後5時30分)
共済金のお支払について
次の各共済(対象となる共済)をご契約されている方はお支払いの対象となります。
ただし、ご契約内容や被害の状況により共済金をお支払いできない場合がございます。
詳しくはお問い合わせください。

全大教新聞373号(7月)

 

 

★☆目次☆★

<1面>
■全大教役員と学生・院生団体の意見交換会実施
「新型コロナウイルスの下での学生支援と学びの保障をめぐって」
■新型コロナウイルス感染症への対応下での労働実態・教育研究状況アンケート実施中

<2面>
■特集:組合や協議会の取り組み成果等「山形大」「大阪府立大」「徳島大」「高専協議会」

<3面>
■論壇「9月入学移行論が意味するもの」 愛知工業大学教授 中嶋哲彦
■職場のQ&A<25>新型コロナウイルス感染症拡大で起きている労働問題とその法的対応「テレワーク編」

<4面>
■単組からのレポート
秋田大学「コロナ禍においても活動の道標~私たちの秋田大学憲章制定から17年~」
岡山大学「学校園の教育研究活動と組合活動は両輪である!」
■わたしもひとこと

全大教メールマガジンNo.412

 全大教メールマガジン(20200624) (要ログイン)

■■目次■■

【組合員のみなさんへのニュース】
・7月18日 全大教Web単組交流集会を開催します

【執行部用ニュース】
・組合員数の変動および
2020年度全大教組合費納入人員決定のための報告
・第6回中央執行委員会決定

【単組ニュース】

(全大教)新型コロナアンケートご協力のお願い【回答期限】2020年8月末

 

アンケートへ進む

新型コロナウイルス感染症への対応下での労働実態・教育研究状況アンケート(2020.6.17)
国公立大学、大学共同利用機関、高専に勤務する
事務職員のみなさんへ
技術職員のみなさんへ

 新型コロナウイルス感染症への対応下での労働実態・教育研究状況アンケートにご協力お願いします。

 全国大学高専教職員組合(全大教)では、現在の新型コロナ対応下や本格的な教育・研究活動の再開にあたっての労働・教育研究環境の維持・改善を目的として、標記のアンケートを行っています。

 国公立大学、大学共同利用機関、高専に勤務する、事務職員、技術職員のみなさんの声をお聞かせください。

※紙媒体でも回答可能です。提出先「九州大学教職員組合本部 IW-19」宛てへ学内便でお送りください。

※全大教加盟組合の組合員でない方でもご回答できます。
※看護師、医療技術職員は今回のアンケートの対象ではありません。別途、取り組みを検討中です。

2020総長選考への声明

2020総長選考声明.pdf

          私たちが望む九州大学総長とは(声明) 

                                          2020年6月17日

                                 九州大学教職員組合中央執行委員会

 

 現在、九州大学総長選考会議による総長選考のプロセスが進行しており、この10月には新しい総長が誕生する。総長は、教職員の意向を尊重した民主的な方法で選出されるべきである。

 九州大学教職員組合は、望ましい総長についての議論や意見交換が活発に行われ、九州大学がかかえる諸課題に全教職員・学生とともに取り組む資質と見識を有する総長が選考されることを期待し、九州大学の望ましい総長として以下の提案を行う。

 

(1)国や社会に対して言うべきことを言う総長

 大学の使命である教育・研究活動は、本来、行政や時の権力から自立して自由な雰囲気で行われてこそ、その力を発揮する。それゆえ、真理探求としての学問の自由を保障する普遍的な特権として大学の自治が社会から付与されている。このような大学の特質を考えた場合、問題によっては、政府に対して率直に反対の意見表明ができるほどの見識を持った総長が望ましいと考える。

【例えば】“国が支出する高等教育費は、先進主要国並みにすべきだ”、と国に主張できる総長

 

(2)学内合意を踏まえたリーダーシップの発揮できる総長

 組織運営のある局面においてはトップダウン的なリーダーシップが求められるが、可能な限りボトムアップの手法を取り入れ、全ての教職員・学生や各部局との合意形成にもとづいた決断ができる総長が望ましいと考える。

【例えば】申請プロジェクトの獲得のみに左右される大学運営ではなく、大学として具体的で明確な中・長期計画をもち、それに即した運営をする総長

 

(3)透明性と責任のある大学運営をする総長

 大学運営において、全学的な支持を得ると同時に、社会からの支持を得るためには、社会的な説明責任を果たす開かれた大学となることが必要である。そのためには、透明性のある大学運営を貫く総長が望ましいと考える。

【例えば】予算・決算、総長裁量経費の使途、部局への配分方法などを分かりやすく説明する総長

【例えば】厳しい財政事情にあっても、各部局で必要な基盤的教育・研究経費を保障する総長

 

(4)働きがいのある職場作りをする総長

 九州大学の運営には教職員の理解、努力、協力が不可欠である。そのためには、常勤・非常勤を問わず、全ての教職員が職務に専念できる働きがいのある職場作りを遂行できる総長が望ましいと考える。

【例えば】本学で働く教職員の生活に目を向け、賃金・労働条件の改善に積極的に取り組む総長

【例えば】短期的な結果を追い求める成果主義給与体系を導入することではなく、大学の教育研究を勘案した給与体系・職場環境を実現することができる総長

【例えば】職員の適材・適所を遂行し、その努力が十分に報われるような人事制度の設計と実行をする総長

【例えば】男女共同参画の推進、ハラスメントや差別がない職場環境を作る総長

 

(5)関連する労働法に基づき、教職員組合との誠実な交渉を通して、労働条件の改善に取り組む総長

 平成15年に国立大学行政法人九州大学のもとで私たち教職員は労働基準法や労働組合法の下におかれた。教育・研究条件も含めて、私たちの労働・雇用条件は、全て、使用者側と労働者側の誠実な交渉の中で決定されることとなった。そのような意味を十分に理解して対応できる総長が望ましい。

【例えば】賃金などの重要な労働条件の変更に関しては、単に人事院勧告に準拠するのではなく、本学で働く教職員の意欲を喚起する独自の視点で対応することが出来る総長

【例えば】労働条件全般について、組合との信頼関係を前提に、組合との十分な交渉と組合の意見を踏まえた上で学内委員会等にて協議する総長

全大教新聞372号(6月)

『全大教新聞372号(6月)』が発行されました

【お詫び】
全大教新聞372号(6月)3面記事「緊急全国情報交流ウェブ集会(5月10日)開催報告」左段の上から12行目に誤植がございました。
関係各位の皆様にお詫び申し上げます。
(誤)東京都が大学に相談もなく大学の授業開始日程を決めた
(正)東京都が大学に相談もなく大学の休校を決めた

目次

<1面>
■国立大学協会と意見交換
「コロナの下での教育機能発揮を~学生支援は最重要、共通認識で~」
■文部科学省との会見
「新型コロナ対策~診療従事者、学生、遠隔事業、法人・教職員への速やかな支援実施を~」
■北海道地区協議会要望書提出
「5月13日に北海道知事および北海道議会へ、新型コロナウィルスに関して」

<2面>
■職場のQ&A<24>
新型コロナウイルス感染症拡大で起きている労働問題とその法的対応「雇い止め編」「休業補償編」」

<3面>
■論壇「首都大学東京(東京都立大学)の全員任期制廃止」 首都大学東京労働組合書記長 小林 喜平
■緊急全国情報交流ウェブ集会(5月10日)開催報告

<4面>
■単組からのレポート
富山大学「歳寒の松柏」
有明工業高等専門学校「こんな今だからこそ!教職員=ワンチーム!」
■わたしもひとこと

全大教メールマガジンNo.410

全大教メールマガジン(20200527) (要ログイン)

■■目 次■■

【組合員のみなさんへのニュース】
・文科省へ提出「(その4)新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書」
・緊急全国情報交流WEB集会を開催しました(5月10日)

【執行部用ニュース】
・WEB会議システムの活用について(協議会幹事会や専門部委員会、地区協議会)

【単組ニュース】

教職員共済大学事業所メールマガジンNo.124

教職員共済大学事業所メールマガジンNo.124(要ログイン)

発行元:教職員共済生活協同組合 大学事業所   2020.5.20

 皆様こんにちは。

5月になり、せっかくのゴールデンウィークもコロナウイルスへ
の警戒対応で自宅で過ごされる方が多かったと思いますが、巷では
自粛疲れという言葉も見かけるようになりました。
 皆様におかれましてもどうか無理をなさらずご自愛ください。

全大教メールマガジンNO.409

全大教メールマガジンNO.409(要ログイン)

目次

【組合員のみなさんへのニュース】
・新型コロナウイルス対応関連
●文科省へ提出「(その3)新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書」
●国立大学協会との意見交換の実施について(報告)
●新型コロナウイルスへの対応の取り組みについて(その2)
・『全大教新聞371号(5月)』を発行しました
【執行部用ニュース】
・第5回中央執行委員会決定
【単組ニュース】

全大教新聞「5月号」が発行されました。

<1面>
■くみあいへ誘おう!「仲間が増えてます」

<2面>
■職場の声を形に 団体交渉での成果~加盟組合からの報告
「埼玉大学」「京都大学」「山口大学」「大分大学」

<3面>
■論壇「大学の単位制度と学年暦問題の解決に向けて」
立命館大学産業社会学部教授 仲井 邦佳
■職場のQ&A<23> 病気休暇の有給化について

 

<4面>
■単組からのレポート
苫小牧高専「交流を深め、組合活動の活性化へつなげよう」
岐阜大学 「人と人とを繋ぐ・扶け合う組合活動」
■わたしもひとこと

 

全大教メールマガジンNO.408

全大教メールマガジンNO.408 (要ログイン)

■■目次■■

【組合員のみなさんへのニュース】

・全大教中央執行委員長メッセージ
「組合員の皆さまへ 新型コロナウィルス感染拡大の克服に向けて」
・新型コロナウイルス対応関連

【執行部用ニュース】
・新型コロナウイルス対応のための大会の延期等について
・「2019年度の検討全大教の中長期の組織運営について(まとめ)」

【単組ニュース】

 

教職員共済大学事業所メールマガジンNo.123

教職員共済大学事業所メールマガジンNo.123 (要ログイン)

教職員の皆様

 皆様こんにちは。

先月に続き、各地でコロナウイルス感染拡大防止対策が行われております。事務所所在地が東京である大学事業所においても例外ではなく、人員を削減して営業しております。
 そのため、組合員の皆様への対応等遅延が発生する可能性がございますので、どうぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

皆様におかれましてもイレギュラーな対応等でお忙しいとは存じますが、どうか無理をなさらずご自愛ください。
 
 さて、今月はレスキュースリー:交通災害共済をご紹介いたします。

全大教メールマガジンNo.407(4/8)

全大教メールマガジンNo.407 (要ログイン)

■■目次■■

【組合員のみなさんへのニュース】

・新型コロナウイルスへの対応の取り組みについて
・『全大教新聞370号(4月)』を発行しました

【執行部用ニュース】
・新型コロナウイルス感染症対策への対応に伴う書記局業務について

【単組ニュース】

『全大教新聞370号(4月)』が発行されました。

★☆目次☆★

<1面>

■文科省会見(3月18日)報告
■教員の研究・教育・勤務条件改善に関するアンケートのお願い

<2面>
■全大教公立大学協議会総会と公立大学教職員組合交流会議開催報告
■医療3単産共闘の国会議員要請行動を実施

<3面>
■論壇「日本古代の駅伝制とその崩壊」北海道教育大学釧路校教授 中村 太一
■職場のQ&A<22> 国家公務員定年延長、私たちはどうなる?

<4面>
■単組からのレポート
東京農工大学「弁護士をお招きして勉強会」
和歌山工業高等専門学校「組合活動と福利厚生活用法」
■わたしもひとこと

教職員共済大学事業所メルマガNO.122

教職員共済大学事業所メルマガNO.122 (要ログイン)

教職員の皆様 こんにちは。
コロナウイルス感染拡大防止のため各地のイベント中止や商業施設閉鎖等の自粛が相次いで行われております。

皆様におかれましては、これからの卒業・入学シーズンにおいてイレギュラーな対応などでお忙しいとは存じますが、

ご自愛ください。

 

 

全大教新聞NO.369

 

 

 

 

 

 

 

 

★☆目次☆★

<1面>
■新年度 みんなで新しい仲間を迎えよう!
~新採用者へ、隣のあの人へ、久しぶりに会ったあの人へ、
組合の大切さを伝えて!加入を呼びかけよう!~

■新年度 組合での春の取り組み
「福島大学」「金沢大学」「大分大学」

<2面>
■〈春・新歓期 合同地区別単組代表者会議〉
北海道東北2月15~16日、関東甲信越2月15日、
中部近畿2月22日、中四国九州2月22~23日

<3面>
■論壇「子ども食堂」での取り組みとその役割

岐阜大学教育学部教授 坂本 一也
■職場のQ&A<21> 年次有給休暇 ~その2~

<4面>
■単組からのレポート
鳥取大学「労働組合は民主主義の学校です」
広島商船高等専門学校「組合活動に関する雑感」
■わたしもひとこと